七厘散
七厘散
七厘散

七厘散は打撲傷、骨折のオ血と腫れ痛み、或いは外傷出血、腫れ痛み、火傷などに用いられます。化於(血を解消すること)、消腫(腫れ、腫れ物を消すこと)、止痛(痛み止め)、止血(出血を治療すること)の作用があります。
  • [ 価格 ]

    在庫状況: 在庫あり

    ¥3,300
  • [ 規格 ]3g×10本/ケース
  • 1-1箱 単価: ¥3,300
  • VIP: ¥2,970
  • VIP: ¥2,821
  • 2-5箱 単価: ¥3,135
  • VIP: ¥2,673
  • 6-10箱 単価: ¥2,970
  • 11-99箱 単価: ¥2,970
  • VIP: ¥2,673

With this product, you earn 198 loyalty point(s).

または

商品説明

七厘散の詳細説明

七厘散の概説

 七厘散は北京同仁堂から造れた朱色まだは紫っぽい紅色の粉末で、香りがあり、味が辛・苦です。七厘散は打撲傷、骨折のオ血と腫れ痛み、或いは外傷出血、腫れ痛み、火傷などに用いられます。

七厘散の成分

血竭(けっけつ)、乳香(にゅうこう)、没薬(もつやく)、紅花(こうか)、児茶(にちゃ)、竜脳(りゅうのう)、麝香(じゃこう)、朱砂(しゅしゃ)

七厘散の働き

化於(血を解消すること)、消腫(腫れ、腫れ物を消すこと)、止痛(痛み止め)、止血(出血を治療すること)の作用があります。

七厘散の注意事項

七厘散の使用前の注意

1、使用前に必ず添付されている説明文書をお読みください。
  また、必要な時に読めるように大切に保管してください。
2、用法・用量を厳守して下さい。

七厘散の禁忌

妊娠又は妊娠していると思われる人は服用禁止です。

七厘散の保管

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)

七厘散の用法・用量

内服の場合:1回1~1.5グラムを1日3回、水またはお湯で服用してください。
外用の場合:適量を取って、酒に溶いてから、患部に塗ってください。

関連商品

  1. フランスRUF奴隷液

    フランスRUF奴隷液

    ¥2,800

  2. 黒寡婦

    黒寡婦

    ¥1,500

  3. 紅蜘蛛

    紅蜘蛛

    ¥1,900

  4. ドイツ小情人

    ドイツ小情人

    ¥1,300