清熱養陰丸
清熱養陰丸
清熱養陰丸

清熱養陰丸は肺胃積熱・火熱上攻による口内や舌の潰瘍・びらんなどが生じる、歯肉が出血する、いらいらする、口の渇き、口臭、のどの腫れ痛み、咳き、嗄声、めまい、耳鳴り、便秘などに用いられます。養陰(冷やし潤す力を補充すること)、清熱(熱邪を解消すること)、消腫(腫れ、腫れ物を消すこと)、止痛(痛み止め)の作用があります。
  • [ 価格 ]

    在庫状況: 在庫あり

    ¥790
  • [ 規格 ]6g×10丸/ケース
  • 1-1箱 単価: ¥790
  • VIP: ¥711
  • VIP: ¥675
  • 2-5箱 単価: ¥750
  • VIP: ¥639
  • 6-10箱 単価: ¥711
  • 11-99箱 単価: ¥711
  • VIP: ¥639

With this product, you earn 47 loyalty point(s).

または

商品説明

清熱養陰丸の詳細説明

清熱養陰丸の概説

 清熱養陰丸は北京同仁堂から造れた褐色の大蜜丸で、味が甘・苦です。清熱養陰丸は肺胃積熱・火熱上攻による口内や舌の潰瘍・びらんなどが生じる、歯肉が出血する、いらいらする、口の渇き、口臭、のどの腫れ痛み、咳き、嗄声、めまい、耳鳴り、便秘などに用いられます。

清熱養陰丸の成分

石膏(せっこう)、梔子(しし)、黄連(おうれん)、牡丹皮(ぼたんぴ)、白芍(びゃくしゃく)、地黄(ぢおう)、麦門冬(ばくもんどう)、玄参(げんじん)、浙貝母(せつばいも)、薄荷(はっか)、山豆根(さんずこん)、甘草(かんぞう)

清熱養陰丸の働き

養陰(冷やし潤す力を補充すること)、清熱(熱邪を解消すること)、消腫(腫れ、腫れ物を消すこと)、止痛(痛み止め)の作用があります。

清熱養陰丸の注意事項

清熱養陰丸の使用前の注意

1、使用前に必ず添付されている説明文書をお読みください。
  また、必要な時に読めるように大切に保管してください。
2、用法・用量を厳守して下さい。

清熱養陰丸の禁忌

メーカーからの報告がありません。

清熱養陰丸の保管

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)

清熱養陰丸の用法・用量

1回2丸を1日2~3回、水またはお湯で服用してください。
服用の詳しい方:外包を割り、中の丸薬を小さく切り、数回に分けて飲んでください。或いはそのまま、かんで服用してください。

関連商品

  1. フランスRUF奴隷液

    フランスRUF奴隷液

    ¥2,800

  2. 黒寡婦

    黒寡婦

    ¥1,500

  3. 紅蜘蛛

    紅蜘蛛

    ¥1,900

  4. ドイツ小情人

    ドイツ小情人

    ¥1,300