乳核内消液
乳核内消液
乳核内消液

乳核内消液は乳腺増殖、乳房の脹れ痛みなどによく用いられます。疏肝理気(肝気の鬱結によって起こるイライラ、憂鬱、怒り、ヒステリー、胸脇苦満などを解除すること)、活血(血の流れを良くすること)、化於(血を解消すること)、消散乳塊(乳腺にコリコリとよく動く堅いしこりを解除すること)の作用があります。
  • [ 価格 ]

    在庫状況: 在庫あり

    ¥2,450
  • [ 規格 ]10ml×10本/ケース
  • 1-1箱 単価: ¥2,450
  • VIP: ¥2,205
  • VIP: ¥2,094
  • 2-5箱 単価: ¥2,327
  • VIP: ¥1,984
  • 6-10箱 単価: ¥2,205
  • 11-99箱 単価: ¥2,205
  • VIP: ¥1,984

With this product, you earn 147 loyalty point(s).

または

商品説明

乳核内消液の詳細説明

乳核内消液の概説

 乳核内消液は北京同仁堂から造れた茶褐色の液体で、香りがあり、味が微苦・渋いです。乳核内消液は肝気欝結(疏泄が欝滞し、気滞の症状が現れること)、気滞(臓腑・経絡の気が阻滞されて、生理機能の円滑な活動が阻害され、特有の症状がみられること)、血於(脈管内で血液運行が凝滞すること)、乳腺増殖、乳房の脹れ痛みなどによく用いられます。

乳核内消液の成分

浙貝母(せつばいも)、当帰(とうき)、赤芍(せきしゃく)、漏芦(ろうろ)、茜草(せんそう)、香附(こうぶ)、柴胡(さいこ)、橘核(きっかく)、夏枯草(かごそう)、糸瓜、郁金(ウコン)、甘草(かんぞう)

乳核内消液の働き

疏肝理気(肝気の鬱結によって起こるイライラ、憂鬱、怒り、ヒステリー、胸脇苦満などを解除すること)、活血(血の流れを良くすること)、化於(血を解消すること)、消散乳塊(乳腺にコリコリとよく動く堅いしこりを解除すること)の作用があります。

乳核内消液の注意事項

乳核内消液の使用前の注意

1、使用前に必ず添付されている説明文書をお読みください。
  また、必要な時に読めるように大切に保管してください。
2、用法・用量を厳守して下さい。

乳核内消液の禁忌

妊娠又は妊娠していると思われる人は服用禁止です。

乳核内消液の保管

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)

乳核内消液の用法・用量

1回10mlを1日2回、そのまま服用してください。

関連商品

  1. フランスRUF奴隷液

    フランスRUF奴隷液

    ¥2,800

  2. 黒寡婦

    黒寡婦

    ¥1,500

  3. 紅蜘蛛

    紅蜘蛛

    ¥1,900

  4. ドイツ小情人

    ドイツ小情人

    ¥1,300