夜尿症のおねしょアラーム治療法

おねしょアラーム治療法については、お子さんが8歳前後になっておねしょを直したいと希望するようであれば試みてよい条件づけ訓練法です。

最初におねしょアラームを購入する必要があります。海外にはEnuresis alarmといっていろんな種類がありますから英語がおっくうでなければ米国のインターネットで調べて通販で購入するのも一つの手です。日本でも「ちっちコール」というのが6千円程度で販売されてきましたが現在は入手方法が限られておりどこでも手に入るわけではありません。

このアラームは寝る前にお子さんのパンツに小さなセンサーをつけ、おしっこでパンツがぬれるとアラームが鳴ってお子さんを起こす仕組みになっています。ただし最初はお子さんが自分で起きることはまずないのでご両親が起こしてトイレまで連れて行き、おしっこが残っていれば完全に排尿させる必要があります。

根気と忍耐、時間がかかり両親とお子さんの両方に最低3ヶ月は続ける意欲がないと挫折します。しかし効果が出てくると夜中に起きなくても朝までおねしょをしないでおしっこをためられるようになります。