インポテンスの治療について

インポテンスは加齢や動脈硬化、ストレスなどによって誰にでも起こり得る病気です。

ED治療薬を服用すると、薬が効いている間はずっと勃起したままの状態が続くのでしょうか。心臓にも良くないし、ずっと効いているとしたら電車にも乗れませんと思うのですが・・・。

インポテンス治療薬は陰茎動脈の血流を増やすことで勃起を促すものですから、心臓に良くないというのも大きな誤解です。とはいえ、性行為自体が一種の運動ですから、心臓疾患を抱えている人は性行為自体が不適切な場合があります。

ED治療薬は、衰えた勃起力の回復をサポートするものと考えてください。勃起しやすく持続しやすい状態にはなりますが、性的刺激を受けなければ、服用しても勃起することはありませんし、勃起し続けるようなことはありません。

ED治療薬は性的刺激がなくなれば勃起も収まり、気にすることなく普通の生活を送れますのでご安心ください。不安のある方は医師に相談するといいでしょう。