タバコでED(男性の勃起不全)

タバコでED(男性の勃起不全)になるのでしょうか。なんと喫煙は、糖尿病と高血圧症に並びEDを招く3大原因です。実際にEDの80%以上が喫煙者というデータがでています。

タバコは肺がんの原因である事を知っている人は多いと思いますが、生殖器まで重大な影響を与える事を知っている人は少ないと思います。喫煙者の精子をDNA検査すると、タバコの有害物質が精子の遺伝子を傷つけているのが分かります。

タバコに含まれるニコチンに血管を収縮させる強い効果があります。ですから、健全な勃起を阻害する要因となります。男性器は血管でできていると言えるくらい複雑な血管網で形成されています。

EDは治療で治すことができる病気です。しかし、同時にタバコでED治療薬の効能が落ちてしまうこともあります。せっかくED治療薬を摂取していても、タバコでまた悪化させるという矛盾した状況です。実にもったいないことです。

EDが回復することでタバコをやめて、豊かで潤いのある性生活を取るか、「百害あって一利なし」のタバコを取るか?答えは自ずと明らかなはずです。