女性の体と「お酒」と「お風呂」

一般的に女性が感じる体の部位としては、性器、乳房、わき腹、背中、うなじ、お尻、足の裏、太ももから足全体などです。身体のどの部位が、どれだけ感じやすいかを計るには、二点弁別と言う計測法があります。

二点弁別で計測した中で、数値が小さいとそれだけ感じやすいと言う事になる訳ですが、二点弁別で計測すると、お風呂も、アルコールも無い状態では、足の裏や背中の数値が小さく感じやすく、男性の好きな、乳房やお尻(臀部)といった部位は、数値が大きいので、余り感じない部位と言えます。

しかし、その感じにくい部位が、お風呂に入ると、いきなり数値が小さくなります。数値が小さくなると言う事は、それだけ感じやすくなると言う事です。

さらに、適度なアルコールが入ると、更に感じやすくなります。中でも乳房の感度の変化は、とても大きいようです。それ以外にも、お尻(臀部)、背中、わき腹、足の裏なども変化が大きい部位です。

結論、女性を感じさせたければ、「お風呂」と「お酒」と言う、二つのキーワードを覚えておきましょう。女性の身体を刺激した時の、感じ方が何もしない時と、お風呂に入った後と、お酒を飲んだ後では、明らかに違いがあると言う事です。