成人病とは

成人病とは、成人(大人)になるとリスクが増大する病気で、主として40歳以上の成人(老人)の主要な疾病を総称して名づけられたものであります。「がん」、「心臓病」、「脳卒中」などのこわい病気が成人病の代表としてみなさんよくご存知だと思います。

成人と子供の生活スタイルの差に大きなキーワードが隠されています。 それらは、喫煙や飲酒の有無であったり、子供と大人の代謝能力の差だったり、成人になり社会へ進出して背負う責任からのストレスだったりします。 当然、これら全てを子供と同じく生活するなど不可能ですが、逆に全ては無理でも幾つも改善の余地がある事は、貴方は自分の中で知っているはずです。

成人病を予防するには毎日の生活習慣の見直しから。自分にできることから始めましょう。